東京魚市場買参協同組合

PROFILE

東京魚市場買参協同組合理事長の大川三敏です。

当組合は、東京築地市場においてセリ場から直接、卸を通じて魚を買い上げることのできる売買参加権を有した中小企業等協同組合法に基づいた企業の協同組合です。
現在、組合員数は約270社で、業種業態は商社、加工業者、場外問屋、スーパー、専門店など多岐にわたり築地市場における最大の買い出し人団体です。
最近の水産業界を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。川上では漁獲高の減少による魚価の高騰、また川下においては食の外部化や洋風化など消費者の嗜好の変化や流通経路の多様化など大きく変化しています。
買参組合としては、関係省庁はじめ開設
者と緊密に連携し、組合員の皆さまに適時、情報発信をして各社の企業戦略に役立つように心がけて参る所存でございます。
今後とも組合活動に関してご理解とご協力をお願い申し上げます。

団体名 東京魚市場買参協同組合
代表者 理事長 大川三敏
所在地 東京都中央区築地5-2-1 仮設A1棟2F
連絡先 03-3541-7534
設立 昭和48年11月20日
会員数 268名(平成29年7月1日現在)
役員 24名
 
事業内容 1.組合員の取り扱う水産物の共同購買。
2.組合員に対する事業資金の貸付け(手形の割引を含む。)及び
組合員のためにするその借入れ。
3.商工組合中央金庫、中小企業金融公庫、国民金融公庫、銀行、
相互銀行、信用金庫、信用協同組合に対する組合員の債務の
保証、又これらの金融機関の委任を受け、組合員に対する
債権の取立て。
4.組合員の経済的地位の改善のためにする団体協約の締結。
5.組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に
関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供。
6.組合員の福利厚生に関する事業。
7.組合員の為の関係官庁への申請及び届出書類に関する事業代行。
8.前各号の事業に附帯する事業。